武将印「松永久秀」書・画・美術












掛け軸作品として制作しました。
















武将印「松永久秀」

書・画を担当させていただきました。

武将印とは“御城印”の武将版です。

最近では武将印の本を出版されるほど人気です。



平群町にもゆかりの深い戦国武将「松永久秀」は

戦国時代に三好家のち織田信長に仕えた武将で、

奈良県平群町にある信貴山城の城主です。



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では

吉田鋼太郎さんが演じられていたことで有名です。


荒々しい顔つきで茶器を壁にぶつける、

そんな絵が残っているので

「乱世の梟雄」のイメージがあるかと思いますが、

後世、名物茶器・平蜘蛛茶釜とともに

最期を遂げたという逸話が

形成されたことに示されるように、

茶の湯をたしなむ文化人でもありました。



近年、発見された松永久秀の絵をもとに

平蜘蛛茶釜をめでるようにして

「この茶釜、我にこそふさわしい」

と言葉を添えました。


揺るがない確かな信念を持つ松永久秀、

そして新たな実務家・文化人としての

人物像を想像しながら、水墨画、題字を揮毫しました。


肩にはなにがのっているでしょう?

歴史好きならわかるはず?

ちょっとした遊びもいれています。




2022年2月26日(土)、27(日)に

信貴山朝護孫子寺で開催される〈信貴山寅まつり〉にて

武将印「松永久秀」all design ouka

販売開始です!



------------------------------------

2月26日(土)、27(日)

※両日合わせて限定200枚

【販売場所】信貴山観光iセンター

【販売金額】700円(税込み)

------------------------------------




原画はこちらです。