世界遺産 金峯山寺にて奉納・書画パフォーマンス





















2022年11月20日。

世界遺産 金峯山寺の国宝 蔵王堂前にて

奉納・書画パフォーマンスをさせていただきました。


一昨年、個展を開催して、ご縁のある金峯山寺さん。

節分行事には全国の鬼が集まることで有名です。



制作時間はおよそ17分。

描いたのは、鬼が“鬼”と筆で書く姿!

人間だって、鬼だって芸術を楽しむ秋。



鬼は、平安時代ごろまでは、

目に見えない怖い存在の象徴。

それが疫病を表していたらしい。

今は人間から愛されるほどおちゃめなキャラクターに。

金峯山寺さんでも「鬼踊り」があって、鬼がなんとも愛らしい。



だけども、もともとは疫病の象徴だった。

今でいうコロナの象徴。人間たちは鬼のせいにした。



今こそ、もともとの鬼の在り方を

考え直す時が来たのでは…と思い

鬼が鬼と書く、そんなシュールで

吉野らしい作品にしてみました。




お天気は雨予報が晴れに☼

これも蔵王権現さんのお陰かも。

今年もお姿を見ることができて、

肩の力が抜けていくように、感激。




パフォーマンスを見にお越しいただいた方、

ありがとうございました。





▪ イベントのHPはこちら

https://nara-arts.com/event/24149/