top of page

「なら記紀・万葉プロジェクト講演会」登壇




2024年2月25日


「なら記紀・万葉プロジェクト講演会」の

トークセッションに

登壇させていただきました


ご一緒させていただいたのは廣瀬大社の樋口宮司、読売新聞の関口支局長、


そしてシンポジウムの基調講演は

お茶の水女子大学の荻原 千鶴 名誉教授でした。


万葉集をわかりやすく解説してくださり

本当に聞いていて楽しかったです。



万葉集が書かれた130年間の歴史の中で

現代に重なるような時代背景でうまれたというお話。

季節と文化の深いつながりがあることなど

改めて四季の移ろいを感じる日本人の

研ぎ澄まされた感覚に思わずうっとりとしました。



廣瀬大社の宮司さんからも砂かけ祭や砂かけ婆まで!

先日お祭りに参加させていただいたこともあり

詳細を伺うことができたことは、貴重な時間でした。



お越しいただいた皆様は満席の600名。

予想を超える人数の応募だったそうで、

万葉集や河合町、天武天皇や持統天皇に

関心のある方がたくさんお集まりくださいました。

後日、奈良県のホームページにて

講演会の模様は動画で公開されるそうなので

お越しになれなかった方は

もうしばらくお待ちください。



本日の読売新聞奈良版の朝刊に掲載されています。

よろしければご覧ください。


電子版はこちらから📱



Comentários


bottom of page